記事一覧

評判の良くないMLM企業が多い理由

ネットの口コミなどではMLM企業の評判には良くないものが多いというのが現状です。これには理由があってそれだけ人が感情的になるという事があると考えられます。口コミで投稿されている内容をよく見ると、その多くが感情的なものであることと、客観的なものではないことが多いという事がよくわかるはずです。これはMLM企業の仕事をする人が自分の身近から出てくると、その成長を妬ましく感じるという人の心情が出てくるからだと考えられます。その結果感情的な投稿をして自分の鬱憤をはらすという行動をとりやすくなるというわけです。そのため、この評判の良くないという事は、それだけMLM企業の影響が世間に浸透し始めているという事も意味しているのかもしれません。

客観的に見ればMLM企業の販売方法が今までの日本の会社の販売方法に比較して優れているという事は明らかなのですが、そのことを認めたくない人が大勢いるのでこうした口コミによってその評判を落としたいと考える人も少なくはありません。何故なら販売員になるのは誰でも出来て、成果さえ出せはいつでもその人は成功を獲得することが出来るので、会社という既得権益を既に獲得している人からすると、このような存在はある意味では驚異ですらあるわけです。そのため、妬みと驚異という複雑な感情がでてくるので、それを投稿にすると悪い評判にしかなりません。具体的には何か怪しい商品を販売する人が出てきたというような投稿になったり、急に金遣いが荒くなったのは怪しいという事を言うようになるわけです。

ですが、別にこれが怪しくもなんともない事は調べればすぐに分ります。MLM企業の販売員は販売した実績に対して明確に報酬を貰う事が出来るというシステムになっているので、多くの商品を販売すれば多くの報酬を貰う事が出来るという当たり前のことをしているだけなので、何も不思議な事も怪しい事もないわけです。これが分かればすぐにこのシステムの凄さが分かる事になるでしょう。
スポンサーサイト