FC2ブログ

記事一覧

MLM企業の評判に良くないものが出でくる理由

MLM企業の評判に良くないものが多く出でくる理由は簡単で、それだけ一般の人がそのように感じている人がいるからです。一般の人は別に感じたままをそのままネットに投稿できるので、それがそのまま評判となって広がっていくというだけのことで、これはMLM企業の宿命といってもいいかもしれません。
MLM企業は口コミ販売や訪問販売のような形で友達が友達に商品を売るという事をしているところがほとんどです。これは今まで商品はお店で買うという人からするとびっくりするような販売方法なのでまず怪しいという事から始まる事になります。しかも、その友達は商品の専門家ではなかったわけですから、なぜ素人が急に商売人の様な顔をして自分の所に商品を売りに来るのだというような事を考えてしまうわけです。
そうなると当然これは怪しいという事になり、評判は悪くなる一方という事になってしまいます。ですが、このような事は考えてみれば別に怪しい事でもなんでもない事が分かります。お店で商品を売っている人も昨日までは一般の人だったというケースは少なくはありませんし、バイトの人という事になれば専門家でも何でもないという事が分かるはずです。
商品を売りたい企業としてはバイトでも友達に売る人でも別に誰でも構わないわけで、売ってくれた人に報酬を払うというようにしているだけの事なのです。今は運送業も進化しているので、誰でも注文さえもらえれば商品を売ることは出来る時代になったわけですから、注文をもらうところはどこでもいいというのが今の常識でもあります。ネット注文などはその典型的なものといっても良いでしょう。しかも友達がそのビジネスに成功して富豪のような感じになったりもするわけですから、これは妬みが入っても仕方ありません。ですが、MLM企業は商品を販売してくれた人にダイレクトに報酬がいくシステムになっているので、販売員が急激に多くの報酬を貰えることは珍しい事でもありません。ですから、これが妬みの種になるというわけです。
スポンサーサイト