FC2ブログ

記事一覧

最近のMLM企業のイメージや評判について

一般的にMLM企業と聞くと、マルチ商法とかネズミ講などの悪いイメージを抱く人が多いかもしれません。たしかに過去には販売ノルマを達成するために強引な方法で勧誘をしたり、商品を販売した代金の紹介してくれた上位の会員に対して支払われる手数料が高額なので販売価格と商品の品質に大きな差が生じる、といった問題がありました。ところが最近のMLM企業では、昔のように悪い評判を聞きません。
以前はMLM方式で商品を販売する際は、友人や親族などの限られた個人間でのみ広告・販売活動が行われていました。そのため、商品の売り上げを維持するために強引な方法で販売されることがありました。ところが最近はインターネットを利用することで、知り合い以外の不特定多数の人にも幅広く商品を販売することが可能になりました。このため、身近な人に対して強引に商品を販売するケースが減っています。インターネットを活用すれば手間がかからないので、割引価格でも商品を販売することができます。手間がかからないので、購入者は販売価格に対して品質の高い商品を購入することが可能になりました。
昔のMLM企業では、会社や上位の会員だけが大きな利益を得られるような不公平なシステムが採用されていたことも、悪い評判の原因となっていました。かつては、他の人が販売した商品の代金の一部を受け取るだけで自分は何もせずに利益が得られる、といった例もありました。ところが最近は、実際に商品を販売する販売員が利益を得られるような公平なシステムを採用する会社が増えています。このようなMLM企業は上位の会員が利益を独占することがありません。
MLM方式のビジネスでは、商品を販売するためのセミナーや勉強会が行われることがあり、販売員はこれらのセミナーに出席することが強く求められるケースがありました。最近はそのようなセミナーなどを開催しない会社も増えていて、自分のペースで販売が出来るようなシステムも増えています。
かつてはネットワークビジネスやマルチ商法で多くの問題が発生していましたが、最近のMLM企業はインターネットを活用したりシステムを改善することで問題が生じないように工夫することで、良い評判を得ることができる会社が増えているのです。
スポンサーサイト