記事一覧

MLM企業も内容がわかれば普通の企業と同じだった

一時はMLM企業の評判はいろいろなものがありましたが、最近はMLM企業も普通の企業であるということが分かってきた為か、それほど評判にはならなくなってきています。MLM企業は身近な人が販売員となることが出来るシステムになっているので、販売員となった友人や知人が急に儲けたりしているので、びっくりするようなことがあったのです。
ですが、冷静になってしっかりとその内容を吟味すると、当然の報酬を受け取っているだけということが分かります。
販売員なのですから、多くの商品を販売した人が多くの報酬を受け取るのは当然のことです。

それがグループのような組織を作って販売をしている感じがあるので、一時は怪しい評判が立つようなこともありましたが、慣れれば別にそれが怪しくも何でもないことが分かります。夜中の通販番組のように慣れてしまえば、それが普通になってしまうというだけのことだったのです。これまでにはない、全く新しいスタイルでの販売方法に戸惑ったというだけのことです。

冷静になって考えてみれば、MLM企業は普通の企業だということが分かります。ただ、販売の方法がこれまでの企業のような店舗販売というものではなく、ネットワーク販売という新しいスタイルだったというだけです。ネットワーク販売では、販売員が組織的に商品を販売していくという特殊な感じがあります。ですが、別に組織的に販売をしているのは最近では珍しいことではありません。通販もそうですし、店舗販売でも組織で販売していることには変わりはありません。

ただ、MLM企業においては、その組織がとても目立つのです。身近な人が急に儲けるようになったりするので、驚いてしまうのですが、これも理由がわかれば別にたいしたことではありません。売った商品に対して報酬が明確にされているのが、この販売スタイルの特徴ですから、多くの商品を売った販売員には多くの報酬が入るようになっているという、今では当たり前の成果主義が適用されていただけでした。
スポンサーサイト