FC2ブログ

記事一覧

MLM企業の評判は客観性を欠くものが多い

MLM企業の評判は客観性を欠くものが多いと考えて良いでしょう。評判をする人の多くが感情的な事を言う人が多いことは、その内容を見れば判断することが出来るので、まずは内容の客観性を見るようにすると良いでしょう。MLM企業の評判に客観性が欠けるのは感情だけで口コミをするような人が多いからでもあると考えられます。
MLM企業は訪問販売のような手法を取っている所が多くて、それまでの友人知人が急に販売員となって商品を売られるというような事があります。その時にその友人がいきなり大成功をしていてちょっとした富豪のような状態になってくるものですから、その人達からするともうその時点で客観性に欠ける感情になってしまうわけです。昨日までは自分と同じような境遇であった知人が、今日にはいきなり成功者のような事になって目の前に現れて商売を始めるわけですから、これはたまったものではありません。商品が云々以前に友人知人のその環境自体が怪しいという目で見るしか出来ないという事になってしまうわけです。いわゆる妬みというものがどうしても入ってしまう事になります。
人はそんなに度量が大きくはありません。昨日まで自分と同じだと思っていた人が急に成功するというような事はあってはならない事だと感じるものだといってもいいでしょう。そして、その人が自分に対して商品を売りつけるような事をしていると感じれば、その感情はマックスとなって客観性をかいた批判になるというわけです。
MLM企業を冷静に分析すれば、今の日本の企業のどこよりも優れたシステムになっているという事が分かります。優れたというのは成果に対してちゃんと報酬が払われるシステムになっているという事が分かるはずです。何しろMLM企業の報酬は完全な成果報酬で売り上げがなければゼロ円という事もあり得るシステムです。となればこれがいかにまっとうなシステムなのかは見ればその場で判断できるのですが、それが出来ないのが感情的になっている証拠といってもよいでしょう。
スポンサーサイト